第2号 : 私の大学生活

環境情報学部 環境政策経営学科3年 下本昂太(市立広島工業高校出身)

勉強への興味

3年生のプロジェクト研究(ゼミ)で、主に経済学をベースにした勉強をしています。同時並行で、「学長塾」という自主ゼミで「経営の経済学」という少し難しいテーマにも取り組んでいます。もちろん難しいレベルには簡単に到達できません。基礎的なことを一歩一歩取り組んでいます。
「経済学」「経営学」に正面から取り組んでみて、何事も基礎の大切さを痛感しました。本当に、何でもそうだと思います。やはり勉強においては「コツコツ地道に!」が最善の道ですね。卒業研究テーマは、経済学の視点から「地域交通」を取り上げる予定です。
経済学や経営学は、最初は取っ付きづらいのですが、じっくり取り組んでみると、世の中の仕組みが見えてきて、とても面白いです。興味を持ってもらうために、お勧めできる本は、とりあえず、『ヤバイ経済学(増補改訂版)』スティーヴン・D・レヴットほか(2007年)東洋経済新報社あたりです。
それから、昨年の夏休み、海外旅行をしました。「やはり、英語はやっておかなくては!」と思い、最近はTOEICの勉強にも熱をいれています。

課外活動もしっかりやっています

今年の夏は、中国(内モンゴル)の植林活動に参加し、ボランティアの植林活動で黄砂という問題を解決する力があるのか、それと英語(TOEICの勉強成果を発揮したい)など準備中・・・。
今年の夏はもう一つあり。明治大学の学生と共同で鹿野町の活性化を考えるプロジェクトに参加しています。
山同好会のサークル活動もあり、今年の冬はかなり忙しくなりそうです。

後輩へのメッセージ

  • 大学には、いろんな地域から、いろいろなタイプの人たちが集まっています。
    人と付き合うことは、面倒な気がするときもありますが、人と関わることは楽しく、新しい発見をすることがたくさんあります。
    ですから、人との付き合いは大切にしましょう。
  • 人との付き合いは大事ですが、一人の時間も大切にしたいものです。
  • 僕たちは若いのですから、できるだけ多くのことに挑戦したいものです。
  • 趣味を持ちましよう。
  • そして、自分の意見を持てるようにしたいですね。

私の大学生活

学生座談会