酒井裕規 講師

酒井裕規

◎学びたいキミへメッセージ

自分で常に関心があることは、何で起こっているのかなと掘り進めて考えていくのが大学の研究。そういう能力を鳥取環境大学でしっかり身に付けてほしい。

◎鳥取ココが面白い

都会の暮らしを基準に考えたら、鳥取は何もないと言う人もいるかもしれませんが、山もあって、海もキレイで、何でもできる豊かな自然があります。鳥取の夏はすごく楽しい!

自分たちのやる気さえあれば地域を動かす力になる面白さ

「交通」というのは非常に学際的な領域で、理系、文系の両方からアプローチのある分野です。例えば“渋滞”というテーマを捉えたとき、理系的な視点だと渋滞のメカニズムを考えることに対し、文系的な視点では、高速道路の通行料金をいくらに設定したら渋滞が緩和できるのか、それによって社会全体の厚生はどのように変化するかといった形で交通問題にアプローチしていきます。

「交通」は「環境」とも大きく関わりのある分野で、地域特性があります。都市部の渋滞問題を鳥取で考えてもなかなかうまくいきません-が、鳥取には鳥取の、地域の抱えている交通問題があって、やるべき研究があります。そして、その研究は、私たちが積極的に動くことで、事業者や市や県といった地方自治体を動かし、政策を動かす可能性だってあるのです。自分たちのやる気さえあれば、地域を動かす力になるこの面白さは、地方都市ならではでしょう。

学生座談会