Marketing In Sunin 2013 - 山陰にある優れたマーケティング事例を分析する

担当 : 磯野 誠

この私が担当するプロジェクト研究1&3では、「山陰の消費者」というテーマのもと、この鳥取の消費者行動は他の地域の消費者行動と比較してどのような特徴があるのかを明らかにしようとしています。所属する学生は1年生が7人、2年生が7人の計14人です。
これまでのうわさ収集、定性インタビュー調査等から今のところ、1.鳥取の消費者は内向的で、例えば新製品が出てもすぐには飛びつかない、店内では店員さんの声かけを苦手とする、2.鳥取の消費者はファッションについてジレンマをもっていて、最先端のファッションに興味があるがそれを鳥取で着るとかえって浮いてしまうと感じている、3.鳥取の消費者は食事にあまりお金をかけず、例えば昼食では弁当持参比率が特別に高い、等の仮説が導かれてきています。これからそれら仮説を裏付けるようなデータを集め、その妥当性を検討していく予定です。このような知見は、今後、鳥取の消費者を対象とした事業を展開しようとする経営者等にとって有益なものとなると思っています。また参加している学生もこの活動を通して、消費者の深層心理を聞き出すインタビュー調査手法を学びつつあります

磯野プロ研Marketing

学生座談会