経営工学概論(豊田)

経営工学概論(豊田)

経営工学はメーカーにおける製造現場の合理化からはじまり、現在まで段階的に発展し、適用分野は多岐にわたります。つまり、経営工学は経営機能を横割りした、生産、販売、財務(金融)、人事など全ての経営の職能をもつトータルシステムの「マネジメント」学であるともいえます。そこで、経営工学の特質、体系を学び、企業 における経営計画、製品を作って売るといった販売管理および生産管理、製品の質に関する品質管理など分野別に学習を進め、経営工学の手法であるインダスト リアルエンジニアリング、バリューエンジニアリング、経済性工学、システム解析などを通じて、経営工学の目指すところである国家、企業および組織における 生産性の向上を実現するための方法論を体得します。

学生座談会