会計基礎(付)

会計基礎(付)

会計は、現代の経済社会に必要不可欠な知識です。一般家庭の家計のやりくりや、営利企業の経営管理、国・地方政府の財政管理など、さまざまな経済活動において会計が役立っています。経営学部の「会計基礎」という授業は、会計の意味や役割、基本的な考え方などを示すと同時に、特に企業会計の入門知識を中心に講義します。学生はこの授業を受講することを通じて、会計学の基礎知識を身につけると同時に、企業経営についての理解を深め、資格の取得やより専門的な会計科目の受講などを意識し始めることもできます。

学生座談会