経営情報履修モデル

point 経営戦略やビジネス活動の業務プロセスなど経営の基礎的理解をベースにして、主に経営情報に関するシステムの理解や情報を読み解くスキル、情報から付加価値を生み出す応用能力の取得を目指します。一般企業や団体等で情報関連業務を遂行する基礎力養成を図る履修モデルです。

染谷 治志 教授 染谷 治志 教授 専門は情報システム学とシステム工学ですが、私はこれらをあわせて情報システム工学と呼び、学術的アプローチで研究をしています。人間の行動を記録し、その記録をもとに生活環境をサポートする環境側から人間に情報を提供するLife Log、ITが見えない形で生活に溶け込み、物や環境側から人間に情報を提供するAmbient Intelligence(環境知能)という2つのアプローチを軸に、利用する人の状況を的確に理解、把握し、それに合った最適な情報環境、サービスを提供するシステムを研究開発しています。
今までの発想では、情報を得るためには、人からアクセスするというのが一般的でしたが、この研究は環境の中のコンピュータの方から「今だから、ここだから、あなただから」といった異なる状況や要望に応じたさまざまな情報やアドバイスなどを提供するシステムです。このような情報システムが実現すれば、より安全・安心・快適な生活を支援することが可能になります。
講義では、経営におけるITの活用をベースに進めます。ITが企業経営に不可欠であることを理解することから始め、単なる数字データから、意味ある情報を読み取り、それを整理して問題を認識し、そして問題を解決していく実践的なスキルの修得をめざします。すなわち、経営における“見える化”能力と意思決定能力を養います。
『数字は苦手』という方もおられますが、数字が読めるようになれば、そこからさまざまな情報を得ることができますし、予測や仮説の検証なども可能となります。皆さん、経営情報のおもしろさを実感しましょう。“ビッグデータの活用”が経営戦略を決めるキーワードになっている今、ビジネス界はデータサイエンティストを求めています。

【専門】 情報システム学、システム工学
【担当科目】 経営情報論、経営情報システム入門、経営データ解析、経営シミュレーション
【略  歴】 早稲田大学卒業。同大学大学院情報生産システム研究科情報生産システム工学専攻修了。博士(工学)(早稲田大学)。(株)日立製作所システム開発研究所勤務を経て、2009年4月より鳥取環境大学環境情報学部教授に就任し、2012年4月より鳥取環境大学経営学部経営学科教授に就任。

経営情報履修モデル科目一覧 (◎)必修科目 (○)選択必修科目

科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
学部基礎科目 ・◎経営基礎
・◎会計基礎
・◎ミクロ経済学入門
・経営数学基礎
・経営統計入門
・簿記Ⅰ
・◎金融入門
・◎マクロ経済学入門
・情報処理概論
   
企業経営
プログラム
・◎マーケティングⅠ(基礎理論) ・○財務マネジメントⅠ(基礎)
・データマイニング
・経営組織論
・経営・ビジネス特論
・経営戦略論
・生産情報システム論
・プロジェクトマネジメントⅠ
・プロジェクトマネジメントⅡ
・財務会計Ⅰ(税額計算基礎)
 
地域経営
プログラム
       
国際経営
プログラム
   
 
経営情報
プログラム
・情報システム基礎
・経営のためのプログラミング演習Ⅰ
・経営のためのプログラミング演習Ⅱ
・経営数学
経営情報論
・経営情報システム入門
・経営シミュレーション
・経営データ解析
・オペレーションズ・リサーチ
・サプライチェーン概論
 
演習科目     ・◎プロジェクト研究5
・◎プロジェクト研究6
・◎プロジェクト研究7
各プログラム
他学部専門科目
    ・商品開発
・技術経営概論
・ファイナンシャルプランニングⅠ
・ファイナンシャルプランニングⅡ
財産権と法
 
専門科目他   ・TOEICⅠ
・TOEICⅡ
・税務会計Ⅱ(個別税務処理)  
学生座談会