地域経営履修モデル

point 経営の基礎的理解をベースにして、農業・観光なども含む地域マネジメント関連分野の幅広い専門基礎力の取得を目指します。一般企業のほか、NPO・NGO等の非営利組織や地域行政・地域団体などで業務を遂行する基礎力養成を図る履修モデルです。

武部 隆 教授 武部 隆 教授 自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)が進む中、日本の農業の構造改革は急務の取り組みとなっています。従来、日本の農業を動かす者は、農業者ではなく政府と流通業者であると言われてきました。しかし、時代の変化と共に、地域との共存共栄を目指す"農企業者"として、安全・安心・健康志向への配慮、有機農法やエコ農法の導入、トレーサビリティ・システムの開発、地域農業の組織化、異業種間連携など、経営と組織の革新に取り組んでいる農業者も見られます。このように、農業をめぐる環境が変化してきた中で、農業構造改革推進のために、国・自治体はどのように取り組んできたのか、その功罪を明らかにしながら、今後の日本農業のあり方を考えなければなりません。
農産物が生産された後は、消費者に届くまでに多くの食品産業(食品工業・食品流通業・飲食業)が介在します。「農」と「食」を考察するには、これら食料産業全体を理解する必要があります。消費者の食料消費の動向は、一部で健康安全志向への動きがあるものの、ますます外部化(外食・中食化)の様相を強めています。こうした傾向の中、食品産業はどのように展開していくのでしょうか。食の安全と安心、安価な外国産農産物の導入、自給率の低下、食料品の新しい技術革新や販売形態の誕生など、食の外部化と食料産業システムの関係についても、経済学的に考察していきます。
農業を取り巻く状況は、著しい変化を遂げています。また農業と環境、地域活性化に関わる取り組みも試みられています。「農」と「食」は、直接私たちに関わる、身近な問題です。皆さんも、自分に関心のある社会的課題を見つけ出し、その課題解決のために自ら学んでいく姿勢で臨んでください。

【専門】 農業経営学、農政経済学、環境経済学
【担当科目】 農業経営概論、フードシステム論、 地域とアグリビジネス、コミュニティ・ビジネス演習
【略歴】 京都大学卒業。京都大学農学博士。京都府立大学農学部助教授、京都大学農学部助教授、同大学大学院農学研究科教授を経て、2002年4月同大学大学院地球環境学堂教授に就任。2012年4月より鳥取環境大学経営学部経営学科教授に就任。1986年日本農業経済学会賞受賞。

地域経営履修モデル科目一覧 (◎)必修科目 (○)選択必修科目

科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
学部基礎科目 ・◎経営基礎
・◎会計基礎
・◎ミクロ経済学入門
・簿記Ⅰ(基礎知識)
現代の企業
・◎金融入門
・◎マクロ経済学入門
・日本経済論
・環境経済学  
企業経営
プログラム
・◎マーケティングⅠ(基礎理論) マーケティングⅡ(事例研究)
・経営組織論
・○経営・ビジネス特論
・○財務マネジメントⅠ(基礎)
・経営戦略論
・契約と法
・ビジネスプラン演習
財産権と法
・環境経営
地域経営
プログラム
  地域経営論
NPOのマネジメント
・地域社会とビジネス
・地域マーケティング
観光経営概論
・観光と地域振興
・公共政策論
・地域行政論
農業経営概論
・コミュニティビジネス演習
 
国際経営
プログラム
       
経営情報
プログラム
       
演習科目     ・◎プロジェクト研究5
・◎プロジェクト研究6
・◎プロジェクト研究7
各プログラム
他学部専門科目
    ・エコツーリズム論
・フードシステム論
・地域とアグリビジネス
・地域交通システム論
・地域金融ビジネス
専門科目他   ・経営原論
事業創造論
・地域環境特論  
学生座談会