企業経営履修モデル

point 組織マネジメントを中心に戦略・マーケティング・会計財務など、経営に関するオーソドックスな専門基礎力の取得を目指します。主に、一般企業や団体等の企画・管理・営業などの業務遂行の基礎力養成を図る履修モデルです。

高橋 一 教授 副学長 高橋一教授 金融とは簡単に言えば“お金の流れ”のことです。物の流れの裏には必ずお金の流れがあります。人間の体に例えれば血液ともいうべきものであり、金融が滞れば、経済は動かなくなってしまいます。
日本の金融機関は1990年代初頭のバブル崩壊後、大量の不良債権を抱えて、自己資本規制の問題や金融システム不安に悩まされ、その後の長期におよぶデフレ経済の要因にもなりました。私の講義では、現実との関わりが強い分野であり、実態経済を理解するために不可欠である金融マーケットについて総合的に論じます。具体的には、金融論の基礎として、金融・資本市場(債券市場・株式市場・為替市場・デリバティブ市場)、中央銀行の金融政策、政府の財政政策、地域に係わる金融機関の役割等について考察します。金融マーケットは、皆さんが思っている以上に大きな市場ですが、あまりその実態は知られていません。皆さんの興味を引き出しながら、実例を挙げ現実に即した講義をしたいと思っています。
例えば、銀行はなぜあるのでしょう?株や国債はなぜ必要なのでしょう?金利、株価、為替レートの水準はどのような仕組みで決まるのでしょう?何百年も歴史のあるデリバティブは、実は日本が発祥の地であるということはご存じでしたか?バブルやサブプライムローン、リーマンショックなど聞いたことはあっても理解している人は少ないのではないでしょうか。
実社会で起きている問題も、金融に関する知識があれば、また見方も違ってきます。より世の中が理解できるようになるはずです。金融はとても楽しく興味深い学問ですので、しっかり学んで、世間の経済の流れに一言言えるような人材になってほしいと願っています。

【専門】 統計ファイナンス、統計学
【担当科目】 金融入門、金融市場論、地域金融ビジネス、証券投資概論
【略歴】
一橋大学卒業。コロンビア大学数理統計学博士(Ph.D.Math.Stat.)ボストン大学数学科客員助教授、一橋大学経済学部教授を経て、2001年4月一橋大学大学院経済学研究科長・経済学部長に就任。一橋大学名誉教授。2010年4月事業創造大学院大学教授に就任し、2012年4月より鳥取環境大学経営学部経営学科教授に就任。

企業経営履修モデル科目一覧 (◎)必修科目 (○)選択必修科目

科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
学部基礎科目 ・◎経営基礎
・◎会計基礎
・◎ミクロ経済学入門
現代の企業
・簿記Ⅰ(基礎知識)
・◎金融入門
・◎マクロ経済学入門>
・簿記Ⅱ(個別取引処理)
・日本経済論
 ・日本経済論  
企業経営
プログラム
・◎マーケティングⅠ(基礎理論) ・○財務マネジメントⅠ(基礎)
・○経営・ビジネス特論
・経営原論
マーケティングⅡ(事例研究)
・経営組織論
事業創造論
財産権と法
・契約と法
・商品開発
・経営戦略論
・財務マネジメントⅡ(応用)
・経営分析
・企業と法
・(知的財産権・会社法基礎等)
 
地域経営
プログラム
  ・地域マーケティング 地域経営論
観光経営概論
 
国際経営
プログラム
  ・国際経営学 ・比較経営  
経営情報
プログラム
    ・サプライチェーン概論  
演習科目     ・◎プロジェクト研究5
・◎プロジェクト研究6
・◎プロジェクト研究7
各プログラム
他学部専門科目
    ・NPOのマネジメント
・技術経営概論
・生産情報システム論
・環境経営
・ビジネスプラン演習
 
専門科目他   ・TOEICⅠ ・TOEICⅡ ・ビジネス英語  
学生座談会